たまには、フレンチ・プレスで。

画像は、品番[CPS-2TB]の物です。
現在は、[ CPSS-2TB]となりデザインなどが変更となっています。

前に紹介した『パナマ・SHB・カミゼッタ』
フレンチ・プレスで淹れたい衝動に駆られ、久しぶりの出番です!
フレンチ・プレス
フレンチ・プレスとは、コーヒーの摘出器具の一種。
粉をいれてお湯を注ぎ、数分後に先端にフィルターの付いている部分(ブランジャーという)を押し下げてコーヒー粉を沈め、上澄みを飲む方法(器具)です。
かんたん・手軽なので、最近になって日本でも普及し始めました。
今回使うのは『ハリオ カフェプレス・スリム(1〜2杯用)』

まずは、コーヒー豆(パナマ)を一人分、きっちり10g量ります。
パナマSHBカミゼッタ

そしてミルへ。
ミルへコーヒーを
ミルは、ザッセンハウス(151WB Z-12 ドイツ製)。
ミル:ザッセンハウス
このミルは、ハンドル下のつまみを回すことで粗さの調節ができるタイプ。
調節の度にハンドルを取り外す必要がないのでとても便利です。
約30gほど入ります。
私は、このブルーとホワイトのツートンの色が気に入っています。

フレンチプレスはペーパーフィルター等と違い、粉をお湯に漬ける方法です。コーヒーに微粉が混じりやすいので、少し荒めにひきます。
挽き方は粗挽きで。
粉のザックリ感がわかりますか?
フレンチプレスへ粉を入れる。

そこへ、コーヒー全体が湿るくらいお湯を注ぎ、1分程蒸らします。
じっくり蒸らす。
蒸らしたら、静かにゆっくりお湯を注ぎます(1杯分約120cc)。
この時、器具を傾けて、ゆっくりお湯を流し込むと良いでしょう。
そのあと、コーヒーの粉が落ち着くのをゆっくり(2〜3分)待ちます。
ゆっくりお湯を注ぎます。
粉の落ち着きと、コーヒーの色を見て「OK」と思ったら、ブランジャーをゆっくり押し下げます。
この時、無理にギュッと押したりしないでください。
強く押すとブランジャーと器具の間からコーヒーの粉が出てしまい、飲み口が粉っぽくなってしまいます。
フィルターを押し下げる。
上澄み(?)をコーヒーカップに注いだら出来上がりです。
カップへ注いで出来上がり。
ペーパーフィルターとは違い、コーヒーに微粉が少し混ざったりしますが、これもこの器具の特徴です。
豆の油分なども抽出されやすいく、豆の風味を引き立てる淹れ方です。
一度試してみてはいかがでしょうか?
ペーパードリップとはまた違う風味が楽しめます。
同じ豆を、ペーパードリップとフレンチプレスで淹れて、味の違いを比べるのも楽しいですね。
コーヒー好きが集まって、あーでもないこーでもない言いながら、ひとつのコーヒーを語り合う。そんな光景も楽しそう。
『ハリオ カフェプレス・スリム(1〜2杯用)』


JUGEMテーマ:グルメ


今月のコーヒー豆 『2月 パナマ』

JUGEMテーマ:グルメ

この2月より、毎月お勧めの新コーヒー豆を紹介する、
『今月のコーヒー豆』が始まりました。
木更津近辺にお住まいの方は、毎月1回目の「房総ファミリア」、
もしくは「かずさなび」をご覧ください。
小さく載っています。

そして一回目、今月お勧めするのは、
『パナマ SHB カミゼッタ』です。
(Panama SHB Finca La Camiseta)
パナマ国旗

パナマ運河が通る交通の要所、そして中米の金融拠点として有名なパナマですが、その狭い国土の大半が山岳地帯であることはあまり知られていません。
その山岳地帯では、非常に良質のコーヒー豆が生産されています。

今回紹介する、パナマ・カミゼッタ農園は、パナマシティから飛行機で1時間。コスタリカ国境に近いBoquete地区にあります。
ここは1000m以上の高地のため、年間通して涼しくパナマでは避暑地として有名だそうです。
カミゼッタ農園1
農園内はきれいな水を湛える水源にも恵まれおり、手摘み収穫されたコーヒーの実はその水を使って精製されます。
コーヒー栽培にとって理想的な環境で育てられたコーヒー豆は、クリアでやわらかな酸味を持ち、あとに残る甘さが特徴的なコーヒー豆です。
カミゼッタ農園2
いつもは若干深煎りのブラジル屋(?)ですが、今回はあっさりと浅めに煎りあげています。それは、このカミゼッタの持つ「やわらかな酸味」を味わっていただきたいから。
「酸味は苦手」という方も、ぜひお試しください。
ちょっと違ったブラジル屋を感じていただけます。

お買い物はコチラから



2008年 元旦

あけましておめでとうございます。
昨年は、大変お世話になりました。
本年も、宜しくお願いいたします。
ブラジル屋は、5日より営業いたします。
そしてそして、5日から7日までは、
新年 初売りセール』です。
恒例の『福 引』もございます!
みなさまお揃いで、ご来店ください。
やぶ椿

毎年、元旦は家でゆっくり。
2日3日は、初詣や友人とフラフラと買い物。
今年もそんな感じで進みそうです。
出先で、美味しいものに出会ったら、モブログで更新したりするつもりです。
のぞいてみてくださいね。



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

search this site.

categories

links

selected entries

flickr_Brazilya

Created with flickr badge.

profile

archives

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM