6月のお勧め メキシコ マヤビニック

ここ数日、気温の変化が大きいですね。

毎朝9時、焙煎前に室温の記録をするのですが、比べてみると改めて驚きます。

釜のガス圧や温度の上昇率の調整はある程度するのですが、バッチ数(焙煎数)が進み午後に入ると”ある程度”の調整ではおさまらなくなります。

とくに季節の変わり目には気を遣うのですが、ここ数年は急に夏が来た!ように感じてしまいます。

水をたっぷりと飲みながら、今年も熱中症にならないように心掛けています。

 

6月のスポットライト

「メキシコ マヤビニック」

マヤビニックコーヒーの栽培地域は、メキシコの最南端に位置するチアパス州チェローナ。
グァテマラとの国境が近く、メキシコでも有数の緑豊かな自然に恵まれています。


マヤビニックとは、「マヤの人びと」という意味があり、チアパス州チェナロー地区の650家族で収穫が行われています。

メキシコのコーヒーというと酸味をイメージするかも知れませんが、マヤビニックの酸味はやわらかく、甘みが感じられる上品な風味です。

 

また、メキシコはオーガニックコーヒー豆の栽培にも力をいれている産地で、世界の60%のオーガニックコーヒーがメキシコで作られています。

 

ブラジル屋オンラインショップ

 

メキシコ マヤビニック

 

 



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

search this site.

categories

links

selected entries

flickr_Brazilya

Created with flickr badge.

profile

archives

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM