コーヒー豆の保存とオールドビーンズ

先日、ご来店いただいたお客様2組とお話しました。

お一人はいつもお買い物していただく男性のお客様、

もう一組は都内からお越しの、喫茶ご利用の女性グループです。

 

男性のお客様からは保存方法についてのご質問がありました。

質問:コーヒー豆の保存は、常温、冷蔵、冷凍のどれが良いですか?

私の答え:常温でしたら袋から密封容器に移してください。

     冷蔵・冷凍で保存の場合はビンなどの結露に注意したいので(特に夏は)密封袋などがおすすめです。

と、お答えしました。

 

女性のお客様の一人は都内で珈琲専門店にお勤めとのこと。

質問:コーヒーの勉強をしているのですが、どこかお勧めのお店はありますか?

私の推し:いろいろ珈琲店を回っているそうなので、あえて最近の流れであるシングルオリジン、ニュークロップ、浅煎りではなく、オールドビーンズ(10年以上熟成)を扱う都内のお店を紹介いたしました。私が若い頃お世話になったネルドリップのお店です。

 

 

そんなことがあった翌日、ちょっと気になって冷蔵庫のコーヒーボックスをゴソゴソ探ると1袋のコーヒー豆が出てきました。

メキシコ カサンドラ農園 収穫年:2011年

プロセス:ウォシュド/サンドライ

ロースト:ミディアム

焙煎日:2016年12月1日

 

メキシコ カサンドラ農園 2011

私が生豆を7年エイジングし、味見のため焙煎していたオールドビーンズです。

焙煎は昨年の12月1日。8ヵ月以上経過しています。

 

早速ドリップして確認します。

メキシコ カサンドラ農園2011 

焙煎から8ヶ月、ジップロックに入れて冷蔵庫で静かに保存していました。

思った以上に膨らみます。

 

テイストは、悪くはないです。酸味がしっかりしています。

違和感はありませんが、オールドビーンズとしては特有の風味は薄れています。

 

生豆はあと2年ちょっとで10年モノになりますので、その頃メニューに載るかも知れません。

ちょっとした予告です。

 

たまたま同じ日にお話しした話題がリンクしたので、久しぶりにブログを更新しました。

 

 

JUGEMテーマ:美味しいコーヒーを楽しむ



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

search this site.

categories

links

selected entries

flickr_Brazilya

Created with flickr badge.

profile

archives

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM