マルケニッヒ・グラインダー(ミル)刃の交換

マルケニッヒマールクーニック) VTA6グラインダーの刃を交換しました。
開店以来10数年に一度の間隔で、交換しながら使い続けています。
そろそろ微粉が気になってきた事と、ブラジル屋創業40周年という節目もあって注文いたしました。
微粉があるとコーヒーに雑味が出て、味が乱れてしまいますから早めに越したことはありませんね。


これが今回取り替える新刃。
外側のエッジが指に刺さるくらい鋭いです。
MAHLKONIG マルケニッヒの刃を交換


左が新刃、右が旧刃。
旧刃はエッジがすこし磨り減っています。
20160117191105


ミルには、固定されている刃と回転する刃の2枚があります。
マルケニッヒは上部の刃は固定されており、下の刃が回転します。

写真、上が固定刃、下が回転刃。これらは取り出した物ものです。
MAHLKONIG マルケニッヒの刃を交換
作業終了まで5時間、思ったよりかかりました。


交換後の変化は?

微粉は減りました。
微粉が減るということは、味(あと味)のキレがよくすっきりします。
お客様の中には、味が変わったと思う方もいらっしゃるかも知れませんね。
また、豆の挽き終わりの抜けが良くなり気持ちがいいです。


下に8年前に修理をしたときのリンクを張りますので興味のある方はどうぞ。

▼以前ミルの修理をしたときのBlog
http://blog.brazilya.co.jp/?eid=45

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

search this site.

categories

links

selected entries

flickr_Brazilya

Created with flickr badge.

profile

archives

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM